スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千綿花房温泉(再訪)

エピソード6の②~空白の1年間より~

ここからは、温泉博士を利用せずに、
浸かった湯を紹介していきます。


H14.12月、千綿花房温泉が誕生した当初は、
大浴場と休憩施設を備えた、日帰り入湯施設でしたが、
現在は貸切湯としてのみ営業されているようです。
以前の岩風呂がある温泉専用別練は、予約人数が多い場合に使用、
1~2人程度だと、牧本氏(管理人)自宅に案内されます。(↓)

P1040712.jpg


長崎県東彼杵郡東彼杵町瀬戸郷401-2(0957‐47‐1887)
入湯料(千円程度)入湯時間など応相談、事前に電話下さいとのことです。


P1040715.jpg


温度が下がると、「加温します。」と喋り、自動的に入浴に適した温度まで
加温されるというハイテクな浴槽。
ジャグジー機能まで付いている。
浴槽の湯は加温はあるものの、完全掛け流し式。
さらに、シャワーは加温さえもされていない。(源泉温度39.2℃)
やや冷っこいが、これは源泉を直に楽しんでもらいたいからだということ。
湯はやや褐色で、柔かく、適度の滑り。
僅に土臭がして、飲むと弱い硫黄味もある。
湧出量250リットル/分

P1040710.jpg


ちょっと強引とも思える比較だが、優れた泉質であることは事実。
遠方から養生の為に訪れる方も多数あり、養生泉とも呼ばれている。
希望すると花房の湯で病が治ったという常連さんの声を集めた
パンフがもらえる。

泉質 単純泉

※千綿花房温泉・・・小長井町から千綿に移り住んで50年、当時石工で後に石材関係の会社を経営、現在も建築関係の会社を営む牧本芳喜氏(69)が、所有する土地の岩や土の状態を見て、温泉が出ると確信、八千万円もの自費を投じてボーリングし、H14.2噴出。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

プロフィール

なかおっち@長崎

Author:なかおっち@長崎
長崎県
南島原市在住。
Age44 男性

FC2カウンター

To:PCメールbox

名前:
メール:
件名:
本文:

なかおっちのPCへ 直接メールを送ることができます。 (メールでのご感想もお待ちしております。)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。