スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲仙温泉 東園(温泉専用別棟莉園)

東園の敷地内に建てられた温泉専用別棟はなんと5階建て。
中には日本料理が楽しめる専用の食事処まであり、
ここだけで旅館として成り立ちそうなほど。

P1010720.jpg

長崎県雲仙市小浜町雲仙181(0957-73-2588)
11:00~15:00 定休日 無休 入湯料 1800円

P1010705.jpg

雲仙を代表する高級旅館の温泉別棟だけに、入湯料は高額。
しかしそれに見合う内容がある。
別所の泉源からは鉄分を多く含んだ湯が湧出するが、
それを贅沢に掛け流し。
湯船が広い為、それは雲仙では珍しい茶褐色を呈している。

P1010706.jpg

大浴場は、おしどりの池に臨みこの眺望。

P1010709.jpg

サウナと水風呂も付く。
脱衣場はピカピカに光っていた。

P1010716.jpg

さらに露天まである。

泉質 硫黄泉
スポンサーサイト

雲仙温泉 雲仙観光ホテル

スイスシャレ-式の建物は、雲仙温泉街の中でもひと際目を引く。

P1010659.jpg

長崎県雲仙市小浜町雲仙320(0957-73-3263)
14:00~17:00 定休日 無休 入湯料 1050円

P1010663.jpg

温泉は小糸地獄からの引湯、加水・掛け流し。
地表に湧出する前に、空気に触れることなくパイプにて
引湯する為、濁り湯とならないそうです。(ボーイさんより。)
ちなみにどうでもいいことですが、女性従業員はメイド服です。

P1010668.jpg

なんと美しい湯であることでしょう!

P1010671.jpg

異様に厚いバスタオルを貸してくれました。

P1010678.jpg

余りに美しい館内を許可を得て撮影させていただきました。
(※その1 食堂)

P1010675.jpg

(※その2 2階への階段)

P1010677.jpg

(※その3 フロントとロビー)

泉質 硫黄泉

小浜温泉 小浜ビジネスホテル

P1010606.jpg

長崎県雲仙市小浜町北本町114(0957-75-0331)
立ち寄り湯の場合は要予約電話 定休日 無休 入湯料 応相談

P1010612.jpg

建物の裏にモルタル風の湯小屋があり、立ち寄りはここでの入湯となる。

P1010611.jpg

入り口。

P1010609.jpg

建物の外部には、温泉であることの掲示はないが、
5~6人は浸かれそうな、なかなか広い湯船。
どうして、ちょっとした旅館のものより立派。
温泉掛け流しであることは言うまでもない。

泉質 食塩泉

小浜温泉 小浜荘

2006より脇浜共同浴場の宿泊者用別館となっている小浜荘は、
小浜温泉では珍しい混浴で、見事な庭園式露天がある。

P1010573.jpg

長崎県雲仙市小浜町南本町7(0957-74-2056)
9:00~17:00 定休日 無休 入湯料 500円

P1010582.jpg

その民宿風の外観からは、広い露天があるとは信じがたいが、
内部は奥に続く造りで、想像以上に広い。

泉質 食塩泉

雲仙温泉 かせや旅館

大規模旅館が多い雲仙温泉は、循環式を利用しているところも多い。
しかし、この家庭的なかせや旅館は、敷地内に源泉を持ち、
極めて濃厚な白濁湯を掛け流しで楽しむことができる。

P1010543.jpg

長崎県雲仙市小浜町雲仙315(0957-73-3321)
13:00~21:00 定休日 無休 入湯料 500円

P1010588.jpg

どうです!このまるでミルクの様な色合い。

P1010545.jpg

ある日訪れると、大浴場は団体様が浸かるということで、
家族湯に通してくれました。

P1010548.jpg

湯が浴槽に落ちていくと、ブアッと湯華も同時に広がります。
素晴らしい・・・

泉質 硫黄泉

弓ヶ浜温泉 湯楽亭

島原-三角フェリーが運航されていた頃は、三角港から僅か15分程で、
行くことが可能だった天草大矢野島の弓ヶ浜。
現在では、長崎からはちょっと遠くなってしまったが、
その温泉の内容は、驚愕と言うに相応しい素晴らしいもの。

P1010534.jpg

熊本県天草郡大矢野町上弓ヶ浜(0964-56-0536)
9:00~21:00 定休日 不定休 入湯料 500円

P1010537.jpg

2つの泉源がありこちらは地下650Mから湧出する白湯。
源泉温度は33.5℃と温めで、そのまま掛け流されている。
柔かい浴感が素晴らしい極上の湯!

P1010541.jpg

もう1つはさらに印象的。
赤湯と呼ばれ、折出物でコテコテの濃厚湯!
地下1000Mから湧出し、カリウム・マグネシュウム・カルシュウム
などを豊富に含む。
炭酸分も多く、気泡が舞っているのが見える。

P1010539.jpg

浴槽の縁は棚田状態。

P1010540.jpg

家族で掘ったという全長33Mという洞窟風呂も驚き!
なかおっち一押しの湯。

泉質 白湯:ナトリウム炭酸水素塩泉
   赤湯:ナトリウム-塩化物-炭酸水素塩泉


火の鳥温泉 ログ山荘 火の鳥

P1010523.jpg

熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野1873-1(0967-67-2211)
※現在、立ち寄り湯は貸切湯のみ。12:00~15:30
定休日 無休 入湯料 50分 2000円

P1010531.jpg

H16までは、本館と別に立ち寄り専用の温泉棟があり、
350円で入湯可でしたが、残念ながらこちらは閉鎖されてしまいました。

P1010528.jpg

鉄味のある灰緑色の湯は特徴的で、火山熱で温めめられた湯は、
体の芯までぬくもりました。
掛け流し式、飲泉可。

泉質 炭酸水素塩泉

地獄温泉 国民宿舎 南阿蘇

P1010508.jpg

熊本県南阿蘇村河陽2441(0967-67-0078)
11:00~15:00 定休日 無休 入湯料 400円

P1010519.jpg

清風荘のすぐ前にある国民宿舎。
造りは浅間山荘なみに古いが、堂々としていて、
フロントのあるロビーなどは、
かなり広いのだが、(60s~70sに建てられたのでしょう)
大浴場と掲示されているところの
湯船は4~5人が浸かれる程度で、
宿舎の規模からすると、
なぜかかなり狭い...
しかし、硫黄臭が強い白濁した湯は、
地獄温泉からの引湯と思われ、
細かい湯の花が多数舞う極上泉、
(雲仙小地獄に勝るとも劣らず、)
掛け流しで使用されている。

泉質 硫黄泉

蘇峰温泉 ゆうやけ

国道325号線から山道に折れ、5分程走ると急に視界は開けて、
田圃の中を細い道が一直線に蘇峰温泉ゆうやけの建物へ伸びている、
素晴らしい景観の小さな盆地のやうなところへ出ることになる。

P1010489.jpg

熊本県阿蘇郡長陽村2489-2(0967-67-4126)
10:00~18:00 定休日 火曜日 入湯料 400円

P1010501.jpg

ペンション風の造りで、脱衣場も網籠が洒落た感じ。

P1010497.jpg

しかしここの湯はただものではない!
地獄温泉に近いことから白濁系硫黄泉と思いきや、
強金気色・強金気臭・強金気味の黄濁した湯なのである。
障害者も気兼ねなく浸かれるようにと、バリアフリーが徹底した
この入湯施設は、ガイドブックに余り載ることもなく、
初めて訪れた時はかなり興奮した。
勿論掛け流しで、源泉温度は58℃、早朝から湯船に湯を張り、
窓を開け放って、自然冷却している。
こだわりなのか、成分分析表までピカピカ光る銀板であった為、
反射して写すことができませんでした。

P1010491.jpg

窓の外には田圃と林が続くばかり、遠くには阿蘇外輪山。
なかおっち一押しの湯。

泉質 炭酸水素-硫酸塩泉

南阿蘇俵山温泉 竹楽亭

P1010470.jpg

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰3208-1(0967-67-1212)
10:30~20:00 定休日 無休 入湯料 500円

P1010480.jpg

無色透明無臭の湯。

P1010477.jpg

露天もあります。

P1010478.jpg

ログハウス風のサウナが外にありました。

P1010484.jpg

訪れたのは紅葉の頃、余りに美しい館内の一景。
周辺に旅館はここ以外に見あたらず、神社では子供達が遊んでいる。
ちょっと昔の昭和の風景が広がっていました。
俵山一帯は、素晴らしいです・・・

泉質 弱アルカリ性単純泉

栃木温泉 小山旅館

P1010468.jpg

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4284(0967-67-0002)
11:00~17:00 定休日 無休 入湯料 500円

P1010460.jpg

創業300年という栃木温泉の老舗。
雑木林に隠れるようにしてある本館も風流だが、
露天岩風呂の造りもまた見事。
柔かい栃木源泉の湯は、透明で澄んでいて、実に美しい。

P1010465.jpg

落差40Mという、鮎返りの滝。
ロビーから眺めることができます。

泉質 ナトリウム-マグネシュウム-硫酸塩泉

栃木温泉 アソシエ-ト

P1010453.jpg


熊本県阿蘇郡長陽村河陽4369-19(0967-63-4511)
11:00~22:00 定休日 無休 入湯料 800円

P1010447.jpg

日本赤十字が運営する、研修・宿泊施設という代わり種。
露天からは阿蘇山麓を眺めることもできるし、
広く清潔感のある大浴場にはサウナも付く。
ちょっとした旅館やホテルは全然かなわないのでは・・・?
と思える程充実の温泉施設。
湯は無色透明、なめらかな栃木源泉からの引湯掛け流し。
なかおっちお勧めの一湯。

P1010451.jpg

とても整然として美しい、美術館のやうな館内。

泉質 ナトリウム-カルシュウム-硫酸-炭酸水素塩泉

島原温泉 岩永旅館

P1010430.jpg

長崎県島原市堀町176(0957-62-2121)
7:00~21:00 定休日 無休 入湯料 300円

P1010433.jpg

銀行や商店が立ち並ぶ込み入った一角にあって、見つけ難い。
微量掛け流される観音島源泉は激熱。
館内には湧き水もある。
簡素な浴室であるが、
良心的な料金設定が○

泉質 含土類重曹泉

島原温泉 海望荘

P1010417.jpg

長崎県島原市下川尻45(0957-62-2225)
11:30~15:00 定休日 無休 入湯料 700円

P1010426.jpg

シンプルな浴槽があるのみだが、観音島源泉からの引湯・掛け流し。
ツルツル感と、塩化物泉特有の匂いもある。

泉質 含土類重曹泉

島原温泉 南風桜

P1010414.jpg

長崎県島原市弁天町2-7331-1(0957-62-5111)
7:00~23:00 定休日 無休 入湯料 1000円

P1010397.jpg

入湯料は高いが、周辺は静かな住宅地や砂浜で、
大浴場は硝子張り、島原湾を庭のように見渡すことができる。
気泡浴槽、サウナ・水風呂付き。
元地源泉からの引湯・循環式。

P1010399.jpg

立派な造りの露天。

泉質 含土類重曹泉

島原温泉 簡保の宿島原

P1010390.jpg

長崎県白山町8362-3(0957-62-4185)
10:00~21:00 定休日 無休 入湯料 500円

P1010392.jpg

大浴場はシンプルな造り。
高台に位置するので、窓からは島原市街が見渡せる。
入湯料には休憩料金も含まれ、畳の休憩室では食事も可。
地元の人々を主に終日賑わっている。
元池源泉からの引湯・循環式。

泉質 含土類重曹泉

島原温泉 小湧園

P1010413.jpg

長崎県島原市新湊1-38-1(0957-62-5211)
12:00~20:00 定休日 無休 入湯料 840円

P1010380.jpg

広さ・深さ共にサイズのある浴槽で、ゆったりした気持ちになれる。

P1010383.jpg

露天は近年増設されたもの。
真新しい打たせ湯などの設備がある。
かなり近く海に臨んでいて、眺めが良い。

P1010385.jpg

冬で、泳いでいる人はいませんでしたが、
かなり大きなプールもありました。

H17、独自に温泉を掘削、炭酸を多量に含んだ湯が湧出、
サイダー泉として公開している。
未湯だが、できるだけ早く訪問したい。


泉質 炭酸水素塩泉

島原温泉 九十九ホテル

P1010360.jpg

長崎県島原市秩父ヶ浦3552-53(0957-62-3111)
12:00~21:00 定休日 無休 入湯料 600円

P1010367.jpg

島原市街地でもひと際目立つ、小高い丘の高層のホテル。
内湯にはサウナも付いています。
観音島源泉の引湯で循環だが、源泉は近年再度深掘削され、
より鉄分・硫黄分を含んだものが湧くようになり、
温泉らしさが感じられるようになった。

P1010365.jpg

露天は増設されたもの。
内湯から階段を下ったところにありますが、
なぜかこちらだけお城風。

泉質 含土類重曹泉

苓北温泉 麟泉の湯  

P1010342.jpg

熊本県天草郡苓北町志岐1281(0969-35-3770)
10:00~21:00 定休日 第1・3水曜日、12/31、1/1
入湯料 400円

P1010344.jpg

高台にあるので、見晴らしがいいです~
湯は無色透明無臭、多少ツルツル感ありと、特徴は余りありませんが、
天草灘・千々石灘まで見渡せます。

P1010345.jpg

(同大浴場を別角度から。)

P1010347.jpg

定時に新湯を供給する仕組みのようですね。
掛け流し・循環併用方式?

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉

河浦温泉 愛夢里(アムリ)

P1010313.jpg

熊本県天草市河浦町大字河浦4747-1(0969-76-1526)
10:00~21:00 定休日 第1月曜日 入湯料 400円

P1010326.jpg

オレンジの屋根にステンドグラス、建物の中には天球儀などがあり、
南欧風?なのでしょうか。
河浦町総合交流施設ということでした。

P1010317.jpg

大浴場にはサウナや気泡湯もあり、露天も付いています。
プールやバンガロ-施設もあるようです。

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉

下田温泉 湯の華

P1010302.jpg

熊本県天草市天草町下田北1307(0967-42-3180)
10:00~22:00 定休日 無休 入湯料 応相談

 P1010304.jpg

ロビーには館主の趣味でしょうか、魚拓がたくさん貼ってあります。
家庭的な宿ですが、大浴場にはサウナも付いていました。
湯は掛け流し式です。

P1010310.jpg

下田温泉の発展を願い、温泉神社に手を合わせてきました。

P1010308.jpg

鶴のくちばしから水が出ているのですよ・・・

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉


下田温泉 白鷺館

P1010286.jpg

熊本県天草郡天草町下田北1290-1(0969-42-3375)
9:00~21:00 定休日 第四木曜日 入湯料 500円

P1010291.jpg

天草では最も有名で、湯質も優れている温泉地である下田温泉。
温泉街の中でもひと際目立つ白亜の建物の駐車場は、
平日にも関わらず満車でした。
白鷺館は4本の源泉を有しており、51℃~57℃の源泉を、
湯量を調節することにより、無加水の掛け流しで供給している。

P1010300.jpg

露天も付いています。
温泉街の中にある温泉施設なので、景色は見えませんが。

P1010295.jpg

湯に自信があるのでしょうね・・・

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉

嬉野温泉 嬉泉館

P1010274.jpg

佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-18
(0954-43-0665)
10:00~21:00 定休日 無休 入湯料 500円

 P1010283.jpg

湧出量 毎分240リットル(敷地内)と豊富で、泉温は84℃と高温。
浴槽の湯は毎夜交換され、
一晩かけ入浴に適した温度まで冷やされます。
その翌朝からは少しずつですが、源泉が注がれ続けるのです。
ローションのようにヌメリのある浴感と塩化物泉特有の匂いは、
多くのマニアが賞賛しています。
『嬉泉館』は『きせんかん』と読み、
嬉野温泉ではここが一番のお薦めであると思います。

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩-塩化物泉

嬉野温泉 嬉野館

P1020470.jpg

佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2091(0954-42-0200)
10:00~17:00 定休日 無休 入湯料 800円

P1010271.jpg

広く清潔感のある内湯。
無色・透明・無臭の湯。

P1010265.jpg

露天もあります。

P1010273.jpg

独自の泉源があるようです。

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩-塩化物泉

飯盛温泉 月の丘温泉

P1010354.jpg

長崎県北高来郡飯盛町平古場279番地(0957-28-4141)
10:00~22:00 定休日 第3水曜日、12/31、1/1
入湯料 500円

P1010349.jpg

窓が大きく、浴室内はとても明るい造りです。
月の形をした湯船が印象的ですね。
湯は無色透明無臭、循環式。

P1010353.jpg

さらに、硝子張りのサウナ、こんなのは余り見かけません。

P1010242.jpg

露天もあります。

P1010356.jpg

周辺は運動公園と、新興住宅地、何もかも新しく、
それらが山に囲まれている…
そんなところです。

泉質 ナトリウム-塩化物泉

唐比温泉 唐比温泉センター

P1010218.jpg

長崎県北高来郡唐比西名121(0957-36-1046)
9:30~18:00 定休日 第1・3火曜日 入湯料 500円

P1010207.jpg


唐比温泉センターは鉄筋コンクリートだが、古いものである。
1968年に農業用水確保の為、ボーリングを行ったところ、
地下約100メートルのところから湧き出たのが
始まりだというから、その頃に建てられたのであろう。

P1010211.jpg

湯量は毎分70リットルと、決して豊富ではないので、
浴槽に湯を供給するパイプは通常絞ってある。
しかし、これは開放して掛け流しにできるので要注意!
それから加熱された温泉が供給されているが、
加水する水も源泉温度(27℃)の温泉なのです。
そう、ここは温泉濃度100%の湯を楽むことができます。

泉質 ナトリウム-塩化物泉

有明温泉 美人の湯(有明町グリーンウェ-ブ)

P1010185.jpg

長崎県島原市有明町大三東戊1382(0957-65-9090)
10:00~21:00 定休日 火曜日 入湯料 500円

P1010189.jpg

広いテラスもあります。

P1010191.jpg

以前は光明石を利用した人工温泉でしたが、掘削を行い、
現在では天然温泉を楽しむことができる。
専属トレナー常駐のスポーツジムも併設されており、
安価で利用できます。
循還式、無色透明無臭の湯。

泉質 単純泉

矢上温泉 民宿 東望憩センター

P1010182.jpg

長崎県田中町280-20(095-839-9898)
立ち寄り要予約電話 定休日 無休 入湯料 800円

P1010180.jpg

ごくごく普通の民宿で、休憩室もあるが、じゃらん的なものは期待できない。

P1010176.jpg

循還でさえない、溜湯。
泉源は敷地内で、そこから運んで湯船に溜めるという。
その為、塩素系消毒剤も多量に投入されている。
市内では珍しい鉱泉宿だが、ご理解の上、訪問の程を。

泉質 冷鉱泉
         
打ち上げ花火をあげられる四季の風景時計

プロフィール

なかおっち@長崎

Author:なかおっち@長崎
長崎県
南島原市在住。
Age44 男性

FC2カウンター

To:PCメールbox

名前:
メール:
件名:
本文:

なかおっちのPCへ 直接メールを送ることができます。 (メールでのご感想もお待ちしております。)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。